シンフォートと合わせて行いたい、日常のヘアケアと生活習慣のコツ

シンフォートと合わせて行いたい、日常のヘアケアと生活習慣のコツをご紹介します!

髪と頭皮の負担を抑えるためのヘアケア

ワックスやスプレーなど整髪料や、カラーリング、パーマ、ドライヤーといった、日常のヘアケアでも、髪と頭皮への負担を抑えたケアが必要です。

髪の負担を抑えるためのヘアケアの方法を紹介します。

分け目や髪型にも注意が必要

分け目や髪型にも注意が必要

分け目や髪型が同じという人は、分け目の部分に負担がかかっています。

髪が同じ方向へ引っ張られている状態であるため、毛根に負担がかかり、薄毛や抜け毛の原因になる可能性もあるのです。

また、分け目の部分は紫外線の影響も受けやすいので、ヘアケアにはマイナスです。

髪の流れを変えるために、分け目や髪型を変える必要があります。

ワックスはつけ過ぎないようにする

髪型をセットしなければならない場合も、毎日ワックスやスプレーを使用する際には、使用量に注意が必要です。

特に、髪型をセットすることに慣れていない人は、ワックスを付けすぎてしまう傾向があるため、ヘアケアにはよくありません。気を付けましょう。

ワックスやスプレーは、注意をしていても頭皮に付着してしまいます。

すると、皮膚や髪が呼吸をできない状態となるうえ、洗い流す際にも時間がかかり、負担がかかるのです。

健康的なヘアケアのために、週末だけでも、ワックスやスプレーを使用しない日を作りましょう

帽子をかぶったままで過ごさないようにする

帽子をかぶったままで過ごさないようにする

髪や頭皮に悩みを抱えていると、帽子をかぶる機会や時間が増える傾向にあります。

仕事上、ヘルメットをかぶらなければならない人も、ヘアケアの点で注意が必要です。

帽子やヘルメットは汗をかきやすくなるため、湿気がこもり、雑菌が繁殖することで痒みなど肌トラブルを起こす可能性があります。

仕事で着用しなければならない場合にも、休憩中は外す、湿気がこもらないようにこまめに汗を拭くなど、ヘアケア対策を行いしましょう。

ヘアケアを意識した生活習慣のコツ

ヘアケアのためには、生活習慣も意識する必要があります。

食生活の見直し

ヘアケアのためには、食事から十分な栄養素を摂取することが大切です。

穀類、たんぱく質として肉や魚、野菜などをバランスよく食べて健康を意識することは、ヘアケアにもつながります。

身体に十分な栄養が足りていないと、髪まで栄養が届かず、薄毛や抜け毛、切れ毛の原因になるのです。

十分な睡眠を取る

十分な睡眠を取る

日中受けた髪のダメージを修復し、髪を成長させるためには、細胞を修復するためのホルモンが分泌される午後10時から午前2時の間に睡眠を取らなければなりません。

また、起床時には交感神経が優位になるため、血管が収縮して血流が悪くなります。

深い眠りにつくと副交感神経が優位になり、血管が拡がることで頭皮にまで酸素や血液が循環し、髪の成長を促す効果が期待できるでしょう。

血流は、ヘアケアを行う上でも重要なポイントです。

血行が悪いと感じる場合には、頭皮マッサージなどのヘアケアを行い、血行を促進させましょう。

禁煙も検討する

ヘアケアのためには喫煙も無関係ではありません。

ニコチンにより、食事で摂取したビタミンが失われ、血管が収縮することで頭皮に血液と酸素が循環せず、薄毛や抜け毛の原因となります。

シンフォートのトップへ